本文へスキップ

ネット通販を利用していると、いつのまにかダンボールが大量に溜まってしまうことがあります。その際は、ダンボール回収を業者に依頼して、無料で回収してもらいましょう。

ネット通販を利用していると、いつのまにかダンボールが大量に溜まってしまうことがあります。その際は、ダンボール回収を業者に依頼して、無料で回収してもらいましょう。

ダンボール回収を無料で行える方法

ネットショップや通販で買い物をしている内に、商品が梱包されていたダンボールがいつの間にか大量に溜まってしまい、処分に困った経験は誰にでもよくあることです。また、新生活へ向けての引越し作業の際に出た段ボールをどう処分していいかわからず、困ってしまった方も少なからずいるでしょう。

ダンボール回収を無料で行うには、資源ゴミとして自治体に回収してもらうという方法もあります。ダンボールは、リサイクル可能な資源ゴミとしての扱いなので、資源ゴミの回収日に収集場所に出しておけば、費用は一切発生することなくダンボール回収が無料で行えます。しかし、回収日が決まっているので処分したい時にいつでも処分できるというわけではありません。ひもで縛る、雨の日は出さないなどの細かいルール指定などもあります。指定日に決められた方法で出す必要があります。ひどく濡れていたり汚れたりしていると、リサイクル不可能とみなされ、回収してもらえないこともあるので気をつけましょう。

また、市内を巡回している古紙回収業者に引き取ってもらうという方法もあります。古紙回収業者の巡回ルート付近に自宅があれば、回収車が通る時間帯に引き取ってもらえる可能性があります。また、最近ではリサイクルの専門業者の中には、電話して依頼すると、自宅まで無料でダンボール回収に来てくれるところもあります。これなら、日にちやタイミングを逃すことなく利用できるのでとても便利でしょう。このような情報を事前に知っておくと、通販での買い物や引越し作業で溜まってしまったときにも困ることなく、ダンボール回収を賢く無料で行えます。

業者に引き取ってもらえるのは段ボールだけではありません。古紙全般を対象にしている業者が多く、自宅で不要になった新聞紙や雑誌なども一緒に出せます。現在作られている紙の原料の60パーセント以上が古紙であることからも、古紙回収やリサイクルの重要性が窺えます。もともと紙は木材から取り出した木材パルプが使用されて作られます。リサイクルは木の伐採を防ぐことにも繋がり、自然環境の保護にも役立っています。また、焼却処分した際には原油が使用され二酸化炭素が排出されます。それらも無効となるため、できるだけ燃えるゴミとして処分するのではなく、回収業者に引き取ってリサイクルに回してもらいましょう。段ボール回収を無料で提供する業者が近くにないか確認してみることをおすすめします。

information新着情報

2020年11月24日
ホームページを更新しました。

おすすめ


  [準備中]